クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

タグ:日比谷公会堂 ( 6 ) タグの人気記事

ある程度時間が経ち冷静になったところで総括しておきますかね。

歴史的意義については、これから2~3年先をみないとわかりませんが、ショスタコがコンサートで取り上げられる機会は、これから確実に増えてくるものと予想しています。すでにウィキペディアに掲載されているのはおどろきでしたが。

5番は例外として、特に8、10、11は演奏機会が増えてくるものと思います。
実際、日比谷での観衆の反応もかなりよかったですしね。その中でも11番は、聴きどころ満載なのでもっと演奏されるはず。
8番は、内容が深刻なだけに、そう頻繁というわけにはいかないかもしれませんが、彼の最高傑作でもあるので、少しずつ増えて来そうな予感。10番は、似たような内容のバイオリン協奏曲1番が演奏される機会が増えてきているので、演奏機会が増えてくるかも。

More
[PR]
by ralatalk | 2007-12-26 18:19 | コンサート
 本日、最後となりました、井上ミッチーのショスタコ全曲演奏会。
最後は、大曲の8番と、ラストにふさわしい15番。観衆もわかっているのか今日の日比谷公会堂は、ほぼ満員。オケはミッチーの手兵の新日本フィル。今回は、8回連続演奏会のチケットを購入した50人に会場に貼られていたミッチーサイン入りのパネルがもらえるとのこと。運良くゲットしました。パネルは名フィルの演奏風景ですかね。これ?
それとミッチーと握手してきました。やった〜。←割りとミーハーです。私は。
ミッチーの手はかなり大きく、そして柔らかいお手をしておりました。

 さて、演奏なんですけど、まずは第8番から。
出演: 指揮:井上道義 演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団
曲目・演目: 曲目:ショスタコーヴィチ:交響曲第8番/第15番


More
[PR]
by ralatalk | 2007-12-09 22:45 | コンサート

名フィルに栄光あれ

演奏会の最後にみたミッチーの勇姿。後光が差していたような。まさに男の本懐というものを感じました。「よくやった。ミッチー。ミッチーを誉め称えよ。」という歓喜の渦でありました。

今回の演奏会は、期待するところは大でありましたが、果してこんなプログラムは成立するのかと心配していたところだったのですが、ミッチーの強い希望で実現。世界のどんなオケも成し得ていない究極のハードボイルドなプログラム。

前代未聞のショスタコの11番と12番の連続演奏と相成りました。
名フィル大ピンチ。

<プログラム>
指揮:井上道義 会場:日比谷公会堂
2007年12月5日(水)19:00開演
交響曲第11番「1905年」、第12番「1917年」
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団


More
[PR]
by ralatalk | 2007-12-05 22:53 | コンサート
 ショスタコの4番を聴いてきました。演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団。指揮はご存知、井上道義です。

 ショスタコの4番と言えば、マーラーの交響曲第7番と双璧のクラシック音楽のなかで最も複雑怪奇な音楽。オーケストラのあらゆる機能を全部盛りにしたまさにマニアのための交響曲であります。それゆえに1回聴いただけでは、内容が理解できるようなものではないのですが、何回も聴いていくうちのその良さがわかってくる『我思う、ゆえに我在り』な味わい深い作品でもあります。

More
[PR]
by ralatalk | 2007-12-02 03:50 | コンサート

森の歌を聴いてきた

マニアの合言葉は、「コンプリート」ということで、本日も日比谷詣です。

今回の演目は下記の通り。
  1. ショスタコーヴィチ:祝典序曲
  2. ステージ・オーケストラのための組曲「ジャズ組曲 第2番」より
  3. オラトリオ「森の歌」

    指揮:井上道義 
    管弦楽・合唱:東京アカデミッシェカペレ 
    独唱:志田雄啓(テノール)/鍾皓(バス) 児童合唱:すみだ少年少女合唱団


今回は、アマオケの演奏になります。アマオケといっても東京周辺のオケは、かなりハイレベルな演奏をするので侮れません。東京アカデミッシェカペレは今回初めてですので楽しみであります。

More
[PR]
by ralatalk | 2007-11-25 20:17 | コンサート
「すげ〜。。。。すげ〜よ。これは」

交響曲第3番が終了した直後の後ろの席の若いお兄ちゃんから思わずでた言葉。
 うむ、確かに。交響曲第3番は、私もたいしたことがない曲と思っていたのですけど、感動して涙が出そうになりました。すばらしい曲の仕上がりでした。

そして翌日の交響曲第5番は、両手に2本指ずつのバチを高々と持ったティンパニおじさんが仁王立ち。最後に「どっか〜ん」と渾身の一発。後光の花火が炸裂していましたDa!。すごすぎるぞ、これぞショスタコの醍醐味でした。

いや、いや、すごいこれがロシアオケの真の力なんですね。ム、ムムといった感じです。しばらくぼう然としてしまいました。やはり、ショスタコはCDでちまちま聴く音楽ではなくて、コンサート会場で聴く音楽なんですね。

さて、今回も会場マニアモード、激辛批評モード、ミーハーモード解説します。

More
[PR]
by ralatalk | 2007-11-04 22:06 | コンサート