クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

タグ:ザイツ ( 4 ) タグの人気記事

本日、レッスンの前に美探先生に武満のファミリーツリーのCDをお渡しする。先生はこの曲は知らないというので、それはいけませんなということで持ってきました。さすがにノヴェンバーステップスや弦楽のレクイエムはご存知でありました。先生曰く、
「天才というのは、誰にも学ばないもの。パガニーニも武満も独学ですからね。それゆえにオリジナルなものを残せるのでしょう。」とのこと。
作曲家の場合、独学で名を残している人は随分といますが、バイオリンの場合は、独学は効率が悪過ぎるので余程の天才でないと難しいですね。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-01-26 20:51 | パガニーニへの道
 本日レッスンの前に、美探先生から頼まれていたTORO社のガット弦と詳細な取説資料一式をお渡ししました。先生は、楽器店にも置いていないような弦を良く手に入れて来たなあと大喜び。早速、1700年代のオールドバイオリンに張るとのこと。それってコンクール用のバイオリンでは。よほど気にいってもらったのですね。
 そういえば、今年はバイオリンコンクールの審査をたのまれているようです。なかなか審査は、意見をまとめるのが難しいらしいです。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-01-21 00:03 | パガニーニへの道

第58回 本年の課題

今年、最初のレッスンです。
今年の課題は、「左手指がもっと早く回るようにせよ」ということで、いろいろと宿題がだされました。ポイントは指を動かすときに手首が連動しているが、これを連動せず、指だけで回るようにすることと、1指をしっかり固定し、離さないようにすること。

以下、レッスンの内容です。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-01-15 01:18 | パガニーニへの道

第46回 2曲初見

 本日の美探先生は、すこぶるご機嫌で、修業時代のお話をして頂きました。以前も書いたと思いますが、美探先生は渡辺先生のお弟子さん。渡辺先生に関しては、歴史上の人物であって、ご存命ではないと思っていたのですが、90歳を越えて、お元気ということで、これには失礼ながらもびっくりしました。
 そのなかでおもしろいお話が、今はなき神童の渡辺茂夫さんのお話。ハイフェッツの推薦するガラミアン教授のところへ行くか、オイストラフのさそいを受けてソ連に行くか、迷われたらしいのですが、結局はアメリカへ。
 もし、ソ連に行っていたらどうなったのでしょうかね。ショスタコーヴィチに曲を書いてもらえるくらいの大バイオリニストになったかもしれないし、ムラヴィンスキーと共演できたかもと考えると、かなり残念。あるいは、この当時のソ連のこと。危ない目にあっていたかもしれないし。
 歴史的なIFは尽きませんなあ。それにしてもアメリカではここでは書けないような酷い仕打ちを受けておられたみたいで、悲しい結果になってしまったことは残念なことです。

More
[PR]
by ralatalk | 2007-09-15 23:57 | パガニーニへの道