クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

タグ:カルミニョーラ ( 6 ) タグの人気記事

本日もカルミニョーラのコンサートを聴きにトッパンホールへ。
演奏会が終ってこれほど喜ばしい顔をしている方々をみるのは気持ちよい。各地でのコンサートのブログも読んでいるが、やはり大好評のようだ。

ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン) / ヴェニス・バロック・オーケストラ

●プログラム
 ヴィヴァルディ:弦楽と通奏低音のためのシンフォニア イ長調 RV158
 ヴィヴァルディ:弦楽と通奏低音のための協奏曲 ホ短調 RV133
 ヴィヴァルディ:弦楽と通奏低音のためのシンフォニア 変ロ長調 RV167
 ヴィヴァルディ: ヴァイオリンおよび弦楽と通奏低音のための協奏曲
 変ロ長調 Op.8-10 RV362 《狩り》
 変ホ長調 Op.8-5 RV253 《海の嵐》
 ハ長調 Op.8-6 RV180 《喜び》
 ト短調 Op.8-8 RV332
 ニ長調 Op.8-11 RV210

●アンコール

タルティーニ : ヴァイオリン協奏曲 イ長調 D96より 終楽章 Largo andante

ヴィヴァルディ : ヴァイオリン協奏曲
  第2番 ト短調 「夏」 RV315より 第3楽章
  第3番 ヘ長調 「秋」 RV293より 第1楽章
  第4番 ヘ短調 「冬」 RV297より 第2楽章
  

More
[PR]
by ralatalk | 2010-11-30 23:45 | コンサート

風をよぶバイオリン

モーツアルトとカルミニョーラとの対話。
尊敬と祈りをもって演奏されるきめ細かなアーティキュレーション。
モーツアルトの喜びと悲しみがカルミニョーラの演奏と共鳴。
そして、このラストのK.296に極上の瞬間がそこにあった。

ゆっくりとゆるやかなボーイング。
そろり、そろりと、運ばれる弓。
弧を描く曲線がゆらゆらと風を呼ぶ。
黄金の麦畑。
穂が揺れる。
見上げる青い空に白い雲。
雲の切れ目から光が射し、
白い天使が舞い降りた。


音楽の扉の向こうに、別の世界があり、そこに天使をみる。
奇跡のような瞬間。音楽の神に愛されている演奏家のみがなせる技に驚愕。なんと幸せな瞬間。



●トッパンホール 2010年11月18日

 ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン)
矢野泰世(フォルテピアノ)

モーツァルト: フォルテピアノとヴァイオリンのためのソナタ
ト長調 K301(293a)
変ホ長調 K302(293b)
ハ長調 K303(293c)

イ長調 K305(293d)
ニ長調 K306(300l)

アンコール
K.296 ソナタ 第24番 ハ長調
[PR]
by ralatalk | 2010-11-19 23:02 | コンサート

カリスマの資格

木曜日に日下さんのコンサートにいって来ました。いつもなら帰宅後すぐに記事を書くのですが、今回は思うところがあって記事を書くのが後になってしまいました。

日下紗矢子&アレッシオ・バックス デュオリサイタル
日時:6月25日(木) 19:00開演 東京文化会館小ホール
曲目:
  1. ブラームス:スケルツォ ハ短調(「F.A.Eのソナタ」第3楽章)
  2. ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番 ト長調 op.78「雨の歌」
  3. バルトーク:ルーマニア民俗舞曲 
  4. エネスコ:ヴァイオリンソナタ第3番 イ短調 op.25「ルーマニアの民俗風で」

    出演日下紗矢子(Vn)、アレッシオ・バックス(Pf)

※1曲目は遅刻のために聴けず。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-28 01:09 | コンサート
 本日は、カルミニョーラの演奏会へ行ってきました。少し気になっていた客入りは何の心配もなし。弦の国の首都のクラ・ファーンが世界最高のバイオリニストを簡単に聴き逃すような事はあり得ないということなんですね。それにしても、カルミニョーラのカリスマ・パワーにはものすごいものがあり、舞台で演奏している姿に緑色の縁がついた黄色のオーラーが実際に見えました。まさに闘気の塊です。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-11-06 23:41 | コンサート
さて、いよいよ明日は、カルミニョーラとヴェニス・バロック・オーケストラのコンサートということで、類いまれにみるこの個性派バイオリニストを是非とも聴きたいと思っています。
 柔の拳のマンゼに対して、剛の拳のカルミニョーラ。どちらが正統なビバルディ神拳の継承者なのか見物です。特に究極奥義の超高速スピカートに着目しています。CDではバイオリン音は撮りきれないので、本物を聴くまでは、わからんですからね。それに都内名ホールの紀尾井ホールですからね。弦楽器の性能を100%発揮できそうです。

ヴェニス・バロック・オーケストラ/ジュリアーノ・カルミニョーラ
オール・ヴィヴァルディ・プログラム
東京 紀尾井ホール 午後7時開演

弦楽と通奏低音のための協奏曲 ニ長調 RV121
弦楽と通奏低音のためのシンフォニア ロ短調 RV168
弦楽と通奏低音のための協奏曲 ト長調 RV149
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 RV273
ヴァイオリン協奏曲 変ロ長調 RV375
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV222
ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 RV191


More
[PR]
by ralatalk | 2008-11-05 23:25 | コンサート
最近、レッスンでビバルディのRV317をやっているので、いろいろと彼のことを調べています。ビバルディについては、ある偉い評論家さんから

「彼の作品は、1000曲以上あるが、1曲をアレンジして作ったに過ぎない。」

という褒め言葉が有名ですが、この言葉の裏を返すと、CDやDVDがなかった時代のことですので、それだけ需要があったということなのでしょう。当時の作品は、書き捨てられるのが普通だったようで、1曲作ったらそれをどんどんと他の曲に流用していくのは、当たり前のことだったようです。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-09-11 12:05 | 音楽エッセイ