クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

タグ:カイザー29 ( 4 ) タグの人気記事

ビバルディのレッスンにて、
「君は何て楽しそうに演奏しているのだ。でもそれは自己流。弓は弦から離してならない。しっかりとめる。そうでないと演奏が素人くさくなります。」
と注意を受ける。
なるほど、最近、スピカート奏法を研究しているのでついついやってしまいます。頭の中はカルミニョーラの超高速スピカート・モード全開というところです。

●追記:

悲しいお知らせ??ですが、パガニーニへの道は今回をもって最終回とします。長らくのご愛読ありがとうございました。と驚かせておいてすみません。音声が再現できるブログで引き続き、「パガニーニへの道 II」がはじまめますのでよろしくです。美探先生と私の声、バイオリンの音を聴くことができるようにしましたので、以下をご覧ください。

弦楽のエデン

以上です。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-19 23:56 | パガニーニへの道
本日は、3大バイオリン技術の一つスピカートを教わりました。3大バイオリン技術とは、私が勝手に妙名しているのですが、以下の3つです。
  1. ビブラート
  2. 重音
  3. スピカート

こう書くと、ポジション移動、人工フレジオレット、スルポンティチェリとかピチカートとかいろいろあるのではと、突っ込みが入りそうな気がしますが、今日は何よりもスピカートです。スピカートと言えば、あこがれの大技、カルミニョーラの高速スピカートを思い出しますが、ようやくこの技を教えてもらうことになって、非常にうれしいです。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-12 09:45 | パガニーニへの道

第133回 ズレ直しの誓い

ここのところ美探先生の要求が段々と厳しくなってきましたが、一番やっかいなのは、左手とボーイングとのズレの指摘です。正直、最初のころは、ズレているのかどうか、弾いている最中だとわからなかったのですが、最近は少しわかるようになってきました。ズレると音の切れがなくなりフニャとした音になるのですね。「あ、ズレた。」と思った瞬間に、「ズレたぞ!」と間髪入れずのご指摘がビシバシと飛んできます。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-05 22:43 | パガニーニへの道

第132回 小指の拡張

バイオリンの上級者向けの曲に頻繁に出てくる12度。これの準備のための練習がありました。A線上で1、2、3指を抑えたままで、4指をE,F,Fis,G,Gisをトリルで押さえていく。Gisになると指が届きません。きつい指の運動です。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-27 21:47 | パガニーニへの道