クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

タグ:カイザー20 ( 5 ) タグの人気記事

第64回 教育方針

レッスン前にデジタル・パフォーマーにて、ビバルディの1楽章とカイザーの20番のMIDIデータを打ち込み、デジタルピアノに合わせで練習。これが奏効したのか、何と2曲ともOKになりました。ただし、ビバルディは執行猶予付き。次回でも演奏とのこと。ほっと一息なんですが、この2曲が終ってみると更なる強敵が、ビバルディの3楽章と、カイザー21番は、なかなか難しい。ビバルディの得意の移動スラー攻撃をくらって3楽章は譜読みを終了していないし、カイザーの重音爆撃攻撃に対する対応もできていない。来週のレッスンは大丈夫なんでしょうか?という状況です。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-03-02 23:23 | パガニーニへの道

第63回 止まらずに

本日は、風がすごい。台風のよう。あまりのすごさに美探先生のところにタクシーで行く。タクシーの運転手いわく「こんなにすごい風は、はじめてだ。」のこと。タクシーは風で煽られているし、到着したのも3時10分。10分遅刻だ。「すみません。」

遅刻に関しては咎められなかったものの、美探先生からの以下のお言葉が。
「鈴木4巻では、卒業試験を実施する。私はバッハのドッペルの上を弾くから、第二バイオリンでついてこれたら合格とする。これが私の要求する一つのグレードだ。」
なるほど、今のところドッペルは少しは弾いてみたのですが、なかなか難しいですね。合わせとなると対位法になっているのでつられそうですなあ。当面はビバルディの修行なので、夏までにここまでこれますかね。
さてさて、本日のレッスンは以下の通り。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-02-23 22:44 | パガニーニへの道

第62回 半音

本日のレッスンは、新曲が2曲でなかなか大変。一通り弾いてみたというレベルで挑みました。内容は、以下の通り。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-02-17 00:50 | パガニーニへの道

第61回 高速指弓

本日のレッスンの前に美探先生から、アルバン・ベルクのバイオリン協奏曲の何かよいCDがあれば貸してほしいとの要請がありました。むむ? お弟子さんの誰かがこの曲をやるのかなあということで勘ぐりつつ快諾。新ウィーン楽派は得意分野ですからいろいろと持っています。ブーレーズ指揮、ニューヨークフィル、ズーカーマンのバイオリンで準備しておきます。
 
レッスンの内容は、以下の通りです。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-02-10 23:41 | パガニーニへの道

第58回 本年の課題

今年、最初のレッスンです。
今年の課題は、「左手指がもっと早く回るようにせよ」ということで、いろいろと宿題がだされました。ポイントは指を動かすときに手首が連動しているが、これを連動せず、指だけで回るようにすることと、1指をしっかり固定し、離さないようにすること。

以下、レッスンの内容です。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-01-15 01:18 | パガニーニへの道