クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

都会の静寂、音叉の響き

バイオリンを弾いていると不思議なもので、バイオリンに教えられることが結構あります。その一つが音叉。最近までは、電子チューナーでAの音を出し、それにあわせて調弦をしていたのですが、それでは微妙な音程感覚を養えないため駄目だということで音叉を購入することにしました。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-26 23:25 | 楽器用小物

第125回 指の工夫

ハイドンもほとんど暗譜は完了。どのパッセージからも演奏できるようにしているので、もし本番でつっかえたとしてもすぐに復帰できるはず。問題は、カデンツアの最後の部分。ここがうまくいかない場合が多く困っていたのですが、美探先生からヒントをいただき、ただいま修正中。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-26 22:33 | パガニーニへの道
不思議なもので、このブログを検索するキーワードで一番多いのは断トツで「移動ド」に関するものです。世間的にもかなり困っていらっしゃるご様子。移動ドに関しては、ソルフェージュ本が国内ではないのですよね。作ってくれれば、学術書としてはそこそこ売れると思うのですが、どうでしょうか。
悲しいのは、未だに固定ドか移動ドがどちらが優れているのかという論争があるようなんですけど、音楽をやる上ではどちらも必要というのが結論ではないでしょうかね。特にピアノしかやっていない人は、移動ドの重要性をつかみ難いようなのですが、アンサンブルをやればその重要性に気づくはずです。ただ、移動ド読みするときに最大問題は譜面です。現在の五線システムは、圧倒的に固定ド有利で作られているので移動ド読みするのに随分と苦労させられるわけです。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-26 19:13 | 移動ド
今回は土日連続レッスン。日曜日は、ピアニストさんと合わせてきました。
最初、ピアニストさんが速いテンポというか普通のテンポで演奏されたので、途中で崩壊。日頃やっているテンポは、おそらく8分音符=54〜56くらい。ピアニストさんは70くらいですかね。曲は、Allegro moderatoなのでこれくらいが妥当なんですけど、細かい音符が多いこの曲で70は辛いというか、無理。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-19 23:27 | パガニーニへの道
本日のレッスンは汗だくだく。気温が上がってきたというのもあるのですが、レッスンの内容が、ちとハード。
今回は、体の動きと音色の関係ということでの集中講義。シュロモ・ミンツのコンサートに触発された美探先生の新メニューです。もともと美探先生は、バイオリンは体を動かしながら演奏するのが良いとお考えなのですが、そのポイントについて、まとまって教わったことはありませんでしたが、今回のレッスンではそれを教えていただきました。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-13 00:07 | パガニーニへの道
ミンツさんのコンサートには、美探先生ご夫妻とご一緒していたのですが、今回は少し失敗したかなあと思っていたのですが、意外にも意外。先生は、このコンサートで得るところが大きかったようです。

「コンサート代の元どころか、その10倍くらいの価値があった。レッスンのヒントになることが盛りだくさんでした。これだから演奏会には行くべきなんでしょうね。次回は、日本人演奏家も聴いておく必要もあるなあ。だれか紹介してくれませんか。」

とのこと。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-12 02:00 | コンサート
本日、シュロモ・ミンツの演奏でカプリス全曲を聴いてきました。

●シュロモ・ミンツ ヴァイオリンリサイタル
パガニーニ:24のカプリース Op.1 全曲
紀尾井ホール 4/7

このコンサートいろいろと思うところありでした。
ちなみに前回の記事は、ここに書いております。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-07 23:18 | コンサート
 ここのところハイドンの弦楽四重奏曲ばかり聴いていたのですが、その中で、アウリン弦楽四重奏団というのがあって少し興味があったのでアウリンという人を調べてみたところ、スウェーデンの作曲家でかつバイオリニストとのこと。更に作品を調べてみると、バイオリン協奏曲を3曲も書いておいでになるので、試しに三番を聴いてみたのですが、おそらくシベリウスのバイオリン協奏曲に匹敵するのではないかと思うくらいに素晴らしい作品だったのでご紹介いたします。

トゥール・アウリン - Tor Aulin (1866-1914)
バイオリン協奏曲第3番 ハ短調 Op. 14


More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-05 02:22 | バイオリン協奏曲

第122回 音消し

本日は、13時30分にレッスンに来るようにとの美探先生からの指令があったので、いつもよりも30分早くレッスンに行きました。先生は何かの用事があるのかなあと思っていたのですが、実は私のための特別補修でございました。
 特別補修の内容は、音消しボーイングの練習でした。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-04-05 01:19 | パガニーニへの道