クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第86回 まね弾き

土曜日に急遽レッスンをやるからと美探先生からの呼び出しがあり、急ぎレッスンへ。
それにしても土曜日の雨はすごかったです。突然の豪雨。雨が痛い。息が少し苦しくなるくらいの雨。家に戻ったときはずぶ濡れでした。痛かったのは、携帯の故障。雨で駄目になるとは何と軟弱な。こんなんじゃいざというときに役に立たないかも。バイオリン君は、まったく無事。ケースに水が入っていないかと心配になったのですが、全く問題なし。えらいぞケース君。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-31 23:11 | パガニーニへの道
昨日、マンゼのヘンデルを聴きました。夜も遅いので最初は試し聴きするだけと思ったのですが、ついつい全部を聴いてしまいました。これぞ天上界のバイオリンの響き。極上の美しさと愉悦。

マンゼとほかのモダン・ソリストでは、楽器の違いの他にも大きな違いがあるのですけど、これが何であるか、しばらく考えています。ありきたりの演奏技術、表現力、音楽性という範疇で収まるパラメータではないことは確か。

で、しばらく考えてふと思ったのが、子供時代にみていたタイガーマスクの後編ででてくる虎の穴のボス、タイガー・ザ・グレイトが、不甲斐なくも最強幹部が玉砕してしまったことに対して怒りながら、部下のミスターXに語ったお言葉。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-27 12:46 | 音楽エッセイ

最先端ビバルディ

鈴木教本の5巻の2番目の曲、ビバルディのラルゴのCDを聴きましたが、「あ〜。主よ。許した萌え」と言う感じ。バイオリン教本なので仕方ないのですが、ビバルディの演奏とはとても思えません。ということで、ビバルディの古楽演奏を探して、ナクソスへ。ビバルディは、協奏曲が多いので検索にとても手間取ります。Op.3 No. 6で検索してかなり絞れました。鈴木教本には、ビバルディの作品目録番号であるRV番号も付けてほしいところです。この曲は、RV 356。有名な調和の霊感の第2楽章。鈴木4巻に1と3楽章があるのでこれで全曲ということになりますね。

さて、ノミネートしてきたのは、以下のCD。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-24 23:51 | 音楽エッセイ

第85回 弓の極意

本日のレッスンの終了時に、これをみてくれませんかということで、バッハのBWV1012のガボットのバイオリン編曲版を美探先生に手渡すと、これはおもしろいということで、先生は楽譜をみるなり初見でばりばりと弾いていきます。初見でここまで弾き切るとは、さすがに先生です。凛としたバッハ。重音が入るとさすがにかっこいいです。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-24 00:41 | パガニーニへの道

ひさびさのお茶の水

 本日、休暇ということで、久々にお茶の水のクロサワ楽器店へ。
表の目的は、弦を購入することですけど、裏の目的は情報収集。どんなバイオリンや弓が入っているか楽しみなんですね。今回は、ビックなニュースがありました。なんと土日にストラディバリウスを展示するとのことで、ストラディバリウス用の特別ガラスケースが準備されていました。ペカットの弓(8,000,000)も置いてあります。これと同時に期間限定セール。これはレッスン終ったらいかなくちゃですね。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-22 22:38 | 楽器用小物
「う〜。我慢できん。こんなんじゃ駄目だ。志はもっと高くもたなくては。」

マンゼのおかげでバッハに開眼した私としては、鈴木教本のBWV1012のガボットの楽譜にかなり疑問あり。こんなアーティキュレーションではバッハとは言えない。教育用の意図はわかるのですが、ゆとり教育を受けさせられている感じで手加減されまくっているのがどうも納得いきません。とくにガボットIIに出てくるリズムの重音が省略されていると楽曲がバッハではなくバッカに聴こえます。ゆとり反対。真実を追求すべし。小学校オケが春祭や武満をやる時代に、これはあり得ないだろうということでヤマハ池袋店へ直行。

バッハの無伴奏チェロ組曲の楽譜はいろいろな出版社から出ているのですが、買ってきたのはご存知これ。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-18 00:13
 本日のレッスンでは、以前から狙っていた美探先生の秘蔵のDVDから「アンナ・マクダレーナ・バッハの年代記 」をお借りすることができました。このDVDはバッハマニアならかならず観ていると言われているもので、古楽界の大御所「グスタフ・レオンハルト」がバッハに扮して当時の衣装・かつらを着用して、教会や古い家屋の中で演技・演奏する音楽映画なのです。
 若き日のレオンハルトがとてもかっこいい。しびれました。あえて演奏のアラをとらないでテイクしているのもすごく好印象。当時の演奏水準を考えてのことなんでしょうけどリアリティがありますね。私も教会で演奏したくなりました。バロック・トランペット、オルガンの音にあわせる少年合唱団の声はまさに天使の声と言う感じでした。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-10 23:10 | パガニーニへの道
 いよいよ、バッハの無伴奏第6番のガボットに挑戦。今回の秘策は、名演奏家との共演。名付けて『B1012作戦』。作戦といってもCDに合わせてバイオリンを弾くだけなんですけどね。まずは、一番弱そうな、つまり速度が遅い、ユリウス・ベルガーで勝負。さて、やってみるか。

「参る。」

どっか〜ん! すぐに地雷に突入。なんとバロックピッチ。

「やるなあ。ユリウス・ベルガー。いきなりバロック・ピッチとは。さすがにバッハを極めようとする演奏家だけありますなあ。ならば、こちらも。」

ということで修正。442から415Hzへ。415Hz対策としてこちらは、裸ガット弦のToro弦で対抗。Toro弦は、442ではちょっとキツイと感じていたのですか、415なら余裕の低音。ちょっと膨らんだ感じが、チェロぽくてよい感じ。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-09 21:36 | 音楽エッセイ
バッハと言えば、今まではリヒターを中心に聴いていたのですが、最新の研究に裏打ちされたマンゼの演奏を聴いた後で、リヒターのCDをかたっぱしから聴いてみると、バッハ研究が相当、進化とともに深化しているという事実を悟り、愕然。リヒターのバッハは、ロマン派を継承しているバッハであり、バッハ時代の演奏とはかなり様相が違うということを明確に理解しました。
 私のバッハ理解は100年も遅れてしまっている。もっと深く真のバッハ像にせまらなくてはと反省し、次のレッスンの曲である無伴奏チェロ組曲第6番のガボットの準備を整えるのにあたり、モダン楽器と古楽器による最新の演奏と古い演奏を徹底的に聴き比べることにしました。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-03 17:02 | 音楽エッセイ

第83回 ドッペル終了

本日のレッスンの前日、久しぶりに弦四郎丸をケースをあけてみると、なぜか「俺を使え」と言っている気がしたのでちょっと弾いてみました。
「いつもよりいい音で鳴っているじゃない。やるね。弦四郎丸君。」ということで、その日の練習が終ったのですが、次の日にひつじ丸を取り出そうとしたころ。

ギョギョギョ。ひつじ丸のA線が切れているじゃないですか。

More
[PR]
by ralatalk | 2008-08-02 23:55 | パガニーニへの道