クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

カテゴリ:自作PC( 2 )

お正月早々のPC作り

本年もよろしくということで早速、PCを一台製作。
依頼主は、父親。最近、どうも調子が悪いので、PCがほしいが、なるべく安く手に入れたいとのこと。それなら自作PCということで、お正月早々、ビックカメラ難波店へ。
目標とするところは、以下の通り。

1.トータルで5万円くらいで。
2.流用する部品は、CD-ROM、ケース
3.OSはWinXP HomeEdition

部品を検討してみたところ以下のように構成に

1.マザーボード Gigabyte GA81915G-MF
2.CPU Celeron 2.93MHz
3.メモリ 1GB
4.HD 日立製 80GHz 流体軸受け
5.電源 DEIB-400

これでトータル53,000円くらいに。

早速、組み立ててみたところ思わぬトラブルに、

1.CD-ROMの流用ができず。
2.購入した電源は、ATX仕様ではなかったので、ケースに入らず。
3.新しく購入したケースは、MicroATXのミドルタワーだったのですけど、空間が狭くかなり配線に苦労。

で、結局は、トータルで65,000円で、少し泣き。親が3万円で残りは、私が出すということだったので、これは少し損しましたかね。
さすがに1998年製のPCでは流用できる部品などほとんどないということですね。
[PR]
by ralatalk | 2006-01-03 18:09 | 自作PC

1GBメモリを2枚購入

ギガスタ3用に専用機を改造したのですが、どうも調子が今イチの状態。
トラブルの内容は、1回目に起動したときに「深刻なエラーが出たのでマイクロソフトに連絡しますか?」というやつと「画面に小さなタイルが多数表示がされる」
という2点です。
 当初は、WinXPの出来の悪さと、マザーボードのビデオ機能の故障であると疑っていました。特にビデオカードを追加したところどうにか使えていたのでそのまま放置していたのですが、昨日、起動はすれど画面表示が真っ黒なままという深刻な事態に陥り、これはやはりメモリではないかということで、メモリを購入することにしました。
前回は、改造前のPC2700の512MBを3枚を流用して使っていましたが、もともとこのメモリはノンブランドということもあって品質にかなり心配があるものです。今回はこれに懲りてちゃんとした製品をいうことで、秋葉原へ向かいました。
お目当ては、DDR1GB/PC3200/CL3でデュアルチャネル対応のメモリ。
メモリというのは時価であり本当の値段がわからないパーツですね。最初にいったのはツクモ電気。ここでは23,000円〜28,000円と割高な相場でした。ここは午後4時から午後5時の間に割引セールをやっているのでよくここで購入するのですが、直感でこれは高いのではということで購入をためらってしまいました。
 最終的には、クレバリーという店で格安16,900円からあるということでここで購入することにしました。当然ノンブランドは避け、adata,Hynix,Samsungから選ぶことにしました。おもしろいのがこの順番で1,000円ずつ高くなっていることです。実際にどう違うのか?非常に悩みましたが、価格的に中のHynixにすることにしました。
 結果は、今のところ上々。上記の不具合もなく動作しております。特にうれしい誤算が、ペンティアム4の3.4GHzで十分に高速ということもあって、デュアルチャネルメモリによる速度改善については期待していなかったのですが、実装してみると画面の動作が1.5倍くらい早くなっているような気がします。ブラウザがきびきび動くようになっています。これから不具合がでるのかどうかはもう少し様子をみてからでないと判断できませんが、今のところ正解だったようです。。

やはりメモリのノンブランド製品は避けるべしなんでしょうね。
[PR]
by ralatalk | 2004-12-27 01:24 | 自作PC