クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

カテゴリ:楽曲メモ( 1 )

ビバルディ研究家のオリヴィエ・フレの最新研究による。
ビバルディの直筆譜面には、演奏者のために詳細な指示が書き込まれている。ビバルディは演奏者に不満を持っていたご様子。

  1. バイオリン協奏曲 ニ長調 RV217
    作曲年:1720年代
    曲調:民族舞曲を想わせる生き生きとしたテンポ。
       旋法的和声によるリトルネッロの明暗法。
       テンポの対象効果。
       最終楽章のリトルネッロで、鐘の音を模倣。
       躍動感あふれるシンコペーションの反復によるオルゲン・プンクトの使用。
       劇場作品の影響がある。  

    More
    [PR]
by ralatalk | 2008-09-14 13:18 | 楽曲メモ