クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

カテゴリ:パガニーニへの道( 132 )

さあ、これ何だ?

さてさて、これは何でしょうか? なんか変じゃないですか?

b0046888_23492313.png


続きはこちら
[PR]
by ralatalk | 2012-08-25 21:36 | パガニーニへの道
ようやく鈴木7巻が終わり、次は、モーツアルトのバイオリン協奏曲第4番をやってくるようにとのことで予習中。

それにしても難しい。何が難しいのか、以下に書いてみると、

  1. 音域が高い
  2. ボーイング多様で高度
  3. 半音階を含む微妙な音階
  4. トリルが多い

これにプラスして、ヨアヒムのカデンツアも弾いてくるようにとのことで、結構しんどいレッスンになりそうである。たぶん弾けるようになるには、1年はかかるのではないかと思う。

そういえば、某アマチュアオーケストラでは、この曲をノーミスで弾かないと入団させてもらえないというが、この曲をノーミスで弾けるのは、ほとんど職業音楽家を目指している人たちのことをいうのであろう。都内のアマチュアオーケストラでレベルの高さがわかるというものだ。

More
[PR]
by ralatalk | 2012-08-20 00:17 | パガニーニへの道

記述再開

ここしばらく更新していなかったのですが、また再開することにします。
やはり、エキサイトブログが私にとっては書きやすいようです。

レッスンの進捗状況でありますが、現在は、モーツアルトのバイオリン協奏曲第3番を7月の発表会に向けて練習中。2週間後にピアノ合わせとなります。

暗譜は、あともう少し。カデンツァの部分のみ。カデンツァは、フランツ・バイヤー版をこちらから提案して、美探先生から許可をもらう。いかにもモーツアルトらしいカデンツァであるとの好評をえた。かれこれ、1月からずっとこの調子なので、そろそろ仕上げにかかるとしますかね。
[PR]
by ralatalk | 2012-05-14 17:26 | パガニーニへの道
ビバルディのレッスンにて、
「君は何て楽しそうに演奏しているのだ。でもそれは自己流。弓は弦から離してならない。しっかりとめる。そうでないと演奏が素人くさくなります。」
と注意を受ける。
なるほど、最近、スピカート奏法を研究しているのでついついやってしまいます。頭の中はカルミニョーラの超高速スピカート・モード全開というところです。

●追記:

悲しいお知らせ??ですが、パガニーニへの道は今回をもって最終回とします。長らくのご愛読ありがとうございました。と驚かせておいてすみません。音声が再現できるブログで引き続き、「パガニーニへの道 II」がはじまめますのでよろしくです。美探先生と私の声、バイオリンの音を聴くことができるようにしましたので、以下をご覧ください。

弦楽のエデン

以上です。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-19 23:56 | パガニーニへの道
本日は、3大バイオリン技術の一つスピカートを教わりました。3大バイオリン技術とは、私が勝手に妙名しているのですが、以下の3つです。
  1. ビブラート
  2. 重音
  3. スピカート

こう書くと、ポジション移動、人工フレジオレット、スルポンティチェリとかピチカートとかいろいろあるのではと、突っ込みが入りそうな気がしますが、今日は何よりもスピカートです。スピカートと言えば、あこがれの大技、カルミニョーラの高速スピカートを思い出しますが、ようやくこの技を教えてもらうことになって、非常にうれしいです。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-12 09:45 | パガニーニへの道

第133回 ズレ直しの誓い

ここのところ美探先生の要求が段々と厳しくなってきましたが、一番やっかいなのは、左手とボーイングとのズレの指摘です。正直、最初のころは、ズレているのかどうか、弾いている最中だとわからなかったのですが、最近は少しわかるようになってきました。ズレると音の切れがなくなりフニャとした音になるのですね。「あ、ズレた。」と思った瞬間に、「ズレたぞ!」と間髪入れずのご指摘がビシバシと飛んできます。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-07-05 22:43 | パガニーニへの道

第132回 小指の拡張

バイオリンの上級者向けの曲に頻繁に出てくる12度。これの準備のための練習がありました。A線上で1、2、3指を抑えたままで、4指をE,F,Fis,G,Gisをトリルで押さえていく。Gisになると指が届きません。きつい指の運動です。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-27 21:47 | パガニーニへの道
最近、音が少しは美しくなってきたので、ようやく自分が演奏した録音を客観的に聴くことができるようになってきたように思います。以前だと、「下手だなあ。聴くにたえんぞ」というつまらん批評家意識の方が強かったため、練習にフィードバックする冷静さに欠けていましたが、今は、どのようにしたらもっと良い音を出すことができるのかという意識に随分と向くようになってきたように思います。
最近のテーマはリズムをきっちりと取るということですね。つまらんところでミスしたからといって弾き直しするとともて聞き苦しくなりますから厳禁です。録音すると無意識でやっている箇所も良くわかります。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-21 23:36 | パガニーニへの道

第130回 音程

発表会も終り、本日からレッスン再開です。
前回はどこまでやっていたのか、すっかり忘れていたのですが、過去のブログのおかげで思い出しました。曲はビバルディのRV-317の三楽章をやっていたのですね。また弾き直してみたのでが、すっかり忘れている。また1からやり直しです。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-15 00:24 | パガニーニへの道

発表会総括(その2)

今回はの発表会で、すばらしい演奏が3つありました。
ひとつは、イザイの無伴奏ソナタの2番。
二つ目は、プロコフィエフのバイオリン協奏曲第2番から1楽章。
三つめは、ラヴェル先生のツィンガーヌ。これはプロの演奏。

楽屋裏にて、イザイの若者が、女流プロに何やら質問しておりましたので、すぐさまその横に行き話を聞かせてもらいました。どうやら、イザイの冒頭の出だしをどういう風に演奏すればよいのか尋ねておられたようです。イザイの若者は、美探先生からイザイは響きの音楽だ、もっと響かせるボーイングをせよとの課題が与えられているようです。

More
[PR]
by ralatalk | 2009-06-05 12:35 | パガニーニへの道