クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

第83回 ドッペル終了

本日のレッスンの前日、久しぶりに弦四郎丸をケースをあけてみると、なぜか「俺を使え」と言っている気がしたのでちょっと弾いてみました。
「いつもよりいい音で鳴っているじゃない。やるね。弦四郎丸君。」ということで、その日の練習が終ったのですが、次の日にひつじ丸を取り出そうとしたころ。

ギョギョギョ。ひつじ丸のA線が切れているじゃないですか。



これが有名な、翌日ケースをあけたら勝手に弦が切れていた状態ですか。はじめての体験です。

b0046888_23471950.jpg

b0046888_23481030.jpg

b0046888_23482611.jpg


う〜、むざん。もしや、弦四郎丸の霊魂が切ったのかと、こやつのケースを空けてみると、いたずらっ子の「してやったり。」という感じのバイオリン音がしております。バイオリンは楽器を鳴らさなくてもケースから取り出したときの感じで調子がわかるものですが、今日はすこぶるご機嫌のようです。このバイオリン、もしかしたら生きているのかと思うときがよくにあるのですけど、夏のオカルトですね。ということで、本日のレッスンは、久々に弦四郎丸で行くことにしましたが、こんなときの弦四郎丸君の神通力には相当なものがあるようです。なんとすべての曲が終了してしまいました。

本日のレッスンのメニューです。

  1. 運弓の基礎
     今回は、12度の音階をやるのかと密かに期待していたのですが、今回はなし。
    いつもの高速運弓練習と開放弦の分散和音のみ。

  2. 音階練習(小野アンナ)
     合格。C-mollの音階練習を終了。次は、As-Dur。

  3. カイザー23番
     合格。次は、24番。24番は付点のリズムになっていますけど、最初はこれをつけずに弾いてくるようにとのこと。

  4. バッハ:2台のバイオリンのための協奏曲 第1楽章
     合格。ああ、これで終ってしまうのかと少し寂しい感じがしました。

  5. バッハ:ガボット(無伴奏チェロ組曲より)
     次から鈴木5巻へ。先生の模範演奏あり。この曲、重音のほとんどがアップボーになっているので、少し弾きずらいところあり。弓の配分に注意とのこと。


全部が合格したということは、次の曲の準備が大変ということですので、喜んでばかりもいられません。

以上
[PR]
by ralatalk | 2008-08-02 23:55 | パガニーニへの道