クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

ファミリー・ツリー

行ってきました。武満の演奏会。大望のファミリー・ツリーをついに生で聴けて本当によかったです。この作品は、おそらく人類史上最高の作品の一つであるのは間違いないですなあ。生を聴いて確信しました。ロシアにショスタコ、フランスにラヴェル先生がいるなら日本には武満がいると胸をはれる作品。

2008年1月18日(金)19:00開演 東京文化会館

指揮:沼尻竜典、東京都交響楽団
ピアノ*:小川典子
アコーディオン**:御喜美江
語り**:水谷妃里
声楽アンサンブル***:二期会マイスタージンガー

* 武満徹:弦楽のためのレクイエム
* 武満徹:アステリズム*
* 武満徹:系図―若い人のための音楽詩**
* ベリオ:シンフォニア***

 テーマは「人間」。ごく普通の家族の心の距離感を問う、他に例のない音楽。故岩城さんが、自分で小編成に編曲してまでも頻繁に演奏していた気持ちがわかります。



 オーケストラの方は安定した響きで良かったのですけど、さらに良かったのは、アコーディオン。CDで聴く限りにおいては、何かペラペラした音なので、失礼ながらバンドネオンで演奏した方が良いのではと思っていたのですけど、実際に聴いてみると、録音ではこの楽器の音を取り切れていなかったのですね。特に低音が太い響き。

 もしかしたら、この曲のために御喜美江さんは、音を特注して来たのですかね。この太い音は、どこか遠いところに行ってしまう船の汽笛を感じさせます。これが、舞台奥にいるスチィール・ドラムのきらきら、ゆらゆらしたかすかな響きに絶妙にマッチ。音の波と光を感じさせ、その距離感する感じさせる絶妙なオーケストレーション。これはCDでは絶対に聴けない部分です。

 さて、この曲に命を吹き込む語りは、水谷さんでしたが、前半、女優ならではの気取り口調が少し気になりましたが、後半の「おかあさん」の詩の語りのところは、なかなかせっぱ詰まった感じがして良かったですね。そしてこの曲のラストの「とおく」。「わたしはよっちゃんよりもとおくへきたとおもう」という部分からは、オケとのシンクロ率も高まり、独特の何とも言えぬ感情が胸に込み上げてきました。

 曲が終わったときに、もう一回聴きたいと思ってしまいました。たぶん他のお客さんも同じことを思ったかもしれませんね。そんな感じの暖かさを感じました。

 それにしても、この曲の語りに関しては、もっといろいろなジャンルの人にやってもらいたいですね。深堀りの可能性もありますね。個人的には、アニメ声優の桑島法子さんあたりやってもらえると、もっと深い世界を見せてくれそうな感じがします。アニメファーンはクラシック音楽との親和性が高い人が多いので、こういうところで宣伝しておくのも良いかもです。

 さて、他の曲の感想も書けなくはないのですが、まあこの曲で胸いっぱいであるし、つまらん感想でケチを付けるのも野暮というものですから、ファミリー・ツリーに免じてここまでとします。
[PR]
by ralatalk | 2008-01-18 23:33 | コンサート