クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

うれしいなあ

何ということ! マンゼ来日のBS放送があるらしいのですね。
私は音色の多様性、技術、表現力、説得力、楽曲理解の深さ、楽曲発掘能力、ユーモア、観客への語りかけ、において現役バイオリニストで比較できる人がいない思っているので、興味のある方は見ておいて損はないでしょう。特に見知らぬ曲のパンドルフィのソナタは、すごいですよ。
マンゼの場合は、カリスマとか巨匠というタイプではなくて、音楽の牧師さんという感じがぴったりですね。その楽しいご教義をまた聴くことができるということで、録画しておきますかね。

●2009/02/27 06:00〜06:55 NHK h
クラシック倶楽部アラカルト アンドルー・マンゼ&R.エガー/トン・コープマン
「バイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 BWV1015」 バッハ作曲

●2009/03/04 06:00〜06:55 NHK h
クラシック倶楽部 -アンドルー・マンゼ&リチャード・エガー リサイタル
「ソナタ集 作品5から 第7番 ニ短調」 コレルリ作曲 「ソナタ集 作品3から 第2番“ラ・チェスタ” 第6番“ラ・サッバティーナ”」パンドルフィ作曲

マンゼ来日についての記事は、過去に書いていますが、他のバイオリニストの生演奏を聴くたびにやはりマンゼはすごいソリストだったのだなあと思っています。録音だと高域のきれいな部分が取りきれているかどうかが心配ですが、雰囲気はとれていると予想しています。

是非とも再度来日してほしいところですね。
[PR]
by ralatalk | 2009-02-26 21:42 | コンサート