クラシック音楽を中心にしたポスト現代音楽のためのブログ


by ralatalk

巨匠への布石

本日、ヒラリー・ハーンとジョシュ・リッターのコラボ・コンサートへ行ってきました。
どんな、バトルが始まるのかワクワクしていたのですが、フタをあけてビックリです。文章ではうまくかけないので、脳内イメージを示します。




●名人ヒラリー対ジョシュ・リッターアマ4級

なんと! 名人相手にありえない駒落ち将棋です。ちなみに金は彼のギターアンプを表現しています。せめて音量だけでも勝てればよいのですが、、、、。緊張するリッター君でした。
b0046888_2339455.jpg

投了図:
4二金にて下手ヒラリー名人の勝ち。42手で4二金とは、死に死にですね。残酷な打ち取り方です。ジャンルが違うとはいえ、これほど音楽の才能の差を見せつけられてしまっては、もう努力でどうこうなるレベルではありません。普通の音楽家なら大ショックを受けるに違いないので、リッター君の今後の音楽人生がどうなるのか少し心配。でも、それでも舞台に立ったリッター君の勇気に少し感動しました。観客もあたたかい拍手で迎えておりましたし、私も声援を送ってやろうと思ったくらいです。

b0046888_23392841.jpg


それにしてもヒラリーは何をしたかったのでしょうか。女神が、人間に課する試練なのでしょうか。プロ・アマ混合戦のような不思議なコンサートでしたが、収穫は大漁でした。超難曲のエルンスト2曲が、ヒラリー名人の前には、いとも簡単にさばかれてしまったのと、イザイが最高の演奏だったことです。

エルンストの場合、普通のバイオリニストなら、弾くだけで精一杯の感じで、うまいプロでも上の旋律を歌うように聴かせるのがやっとのところ、和音含めて完全にもってこれるとは!!。バイオリンがピアノのように弾かれてしまっています。これには驚きました。加えて、音色もかなり工夫していて、いろいろな音色が聴こえてきます。特にフラジオがここまできれいにかかるとは、しかも重音ですよ。精密機械のような演奏精度ですね。

とにかくボーイングが美しい。どんなパッセージでもみだれず常に弦と直角に交差しています。それゆえにか、音がやわらかくとても美しい。これだけ丁寧なボーイングだと、ビブラートも安定してかかりますね。浅く高速にかけるビブラートなんですが、まさに清流という感じです。ちょっと気になったのが、顎当てですけど、今回は特殊なものを使ってますね。ちょっと見たことのない顎当てでした。

そして、感動したのが、イザイの曲。
80%くらいのプロバイオリニストは、この曲をプロ用高級エチュードとして弾いていますが、ヒラリーは、イザイの直系だけあって、きっちりと曲を理解して弾いてくれていました。イザイの曲の場合、譜面をみて弾いているだけではぜんぜん音楽になりません。特にフランス系、ハンガリー、ルーマニア系の音楽の理解が不可欠。独特のリズム感と音色が必要なのです。ここをしっかり、ぎゅっと絞り込んだ多彩な音色で演奏してくれたのが何よりもうれしかったです。ようやく本物のイザイに出会えたという感じです。

音楽への集中力というのがものすごく高いレベルにあり、どんな速いパッセージでも決しておろそかにしないという決意を持って弾いている感じです。それゆえに、何者も受け付けないという毅然としたものを感じるのですが、聴衆は蚊帳の外といった感じです。
  この内に向かっていくパワーが、外に向かうようになれば、もっとスケールの大きな巨匠クラスの音楽になってくると思いますが、まだ時間はかかるでしょうね。

そのことを、もしかしたらヒラリー自身は、わかっているのかもしれません。それゆえのジョシュ・リッターとのコラボだったのだと思います。ただ、彼はかわいそうなくらい役不足でしたね。もっとすごい人はジャズ界やポピュラー界にもたくさんいるはずなので、次回はカリスマ級の人を呼んでほしいですね。

●追記   コンサート曲目
・リッター君のいろいろな曲
⇒自分の感性を大事にするのはよいことですが、もっと真剣に音楽を勉強しないと、10年、20年と残っていくいい曲は書けないですね。ポピュラー界にハイドンのような作曲の規範になる古典曲があれば良いのですが。ないのであれば、ヴィラロボスとかソルとかのギター曲の古典をせめて勉強しておかないとバリエーションが作れないですね。それと発声練習も基礎からしっかりやってイントネーションを明瞭にし、音量のコントロールもしっかりやる必要があります。
ヒラリーにはなれなくとも、ヒラリーのような音楽家を目指すことはできると思いますので、より高みを目指して精進してください。

・J.S.バッハ:
  無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調BWV1003
・エルンスト:
  「夏の名残りのばら(庭の千草)」の主題による変奏曲
   シューベルト「魔王」による奇想曲op.26
・イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第5番ト長調op.27-5

場所:東京オペラシティ。
[PR]
by ralatalk | 2009-01-08 00:26 | コンサート